読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原因不明

日々のこと

今日は紹介状を書いてもらった病院へ。

予約時間の15分前には来てくださいねと言われていたのに、電車の遅延で病院に着いたのは予約時間ちょうどでした。

普段会社に行く時間よりも遅くていいと思うと、ついついのんびりしてしまって。

紹介状専用の受付で、『以前こちらにかかったことがありますか?』と聞かれ、10年くらい前に入院したことがあることを伝えると、『労災で通われていましたがもう終わっていますか?』と確認されました。

そういえばすっかり忘れていたけれど、会社が何故か労災扱いにしてくれたんだった。

 

病院内は全て電子カルテで管理されていて、大きな病院の割には比較的スムーズに診察が進みました。

 

まず問診してから、肺のレントゲン、その後また診察、肺には全く問題なくとてもきれいな状態だそうです。

気管支も細くなっていないし、とても良い感じ。

 

これらに問題がないということで、次は肺活量の検査へ。

ただでさえ咳き込んで辛いのに、肺活量の検査は本当に辛かった!

うまく息を吐くことができなくて、何度もやり直し。

普段、鼻呼吸なので、口呼吸で自然な呼吸というのも難しかったです。

あまりにもOKが出ないので、思わず、『もう嫌だ。帰りたい!』と駄々をこねて看護師さんを困らせました。

それでも、『じゃあ後一回だけね。』となだめられてなんとか検査終了。

わたしは今回肺活量の検査を2種類しましたが、多い人だと5種類もしなくてはいけないそうです。

5種類も無理だな、きっと。

肺活量の検査、あまりにもOKが出ず、何度もやり直

したせいか、最後の頃はかなり数値がよくなってしまっていました。

『喘息の人はこんなに空気を吸えないので喘息でもないですね。』と言われて結局咳喘息ではないという結論に。

 

前回したアレルギー検査でも問題がなかったけれど、今回はもっと範囲を広げて検査してみることになりました。

またもしかしたら百日咳かもしれないということでその検査も。

最後に血液検査をして終了。

 

咳が止まらないのは辛いだろうということでも、喘息じゃないけど喘息の薬を出してくれました。

 

最後にカルテを会計窓口に返して、自動支払機で支払いをして終了。

 

体がどこも悪くないのはわかって良かったけど、結局原因不明のままでした。

そして相変わらず咳は止まらない。

 

なんなんだろうな〜。

早く止まるといいな〜。